集団学習での効果

NOTE BOOK

医学部予備校では、個別指導とは違い、集団指導型を採用している予備校も多くあります。集団指導型の予備校は、費用も安価であるため、予備校に通わせる費用の負担を抑えることができるでしょう。個別指導型の予備校は、生徒一人一人に合わせた学習が行えるため、質のよい学習をさせることができるものの、生徒一人一人に教えることとなるため、指導する講師の数も予備校は多く抱えなければなりません。人件費が多くかかるため、個別指導型の医学部予備校は割高であることが多くあるのです。しかし、集団指導型の医学部予備校であればこうした人件費もかからないことから、請求される費用も比較的安いのです。どうしても個別指導型の予備校にかかる費用を捻出できない家庭であれば、こうした集団指導型の予備校へ通わせることができるでしょう。

集団指導型の医学部予備校では、個別指導型の予備校とは違いモチベーションを高めて学習を行なうことができます。他の人と共に学習を行なうことができるため、他の人との成績の差から競争心を付けさせることができるのです。個別指導型の医学部予備校では、他の人との成績を知ることがなく、また成績の順位を知った所で、顔も合わせたことのない人物の成績であるため、今ひとつ実感として相手との差を意識することはできません。集団指導型の医学部予備校であれば、他の生徒と顔を合わせ、まったく同じ学習を行なうこととなるため、相手との成績の差をまざまざと実感させることができるのです。競争心やモチベーションは学習効率を上げる上で欠かせないものであり、生徒本人にやる気がなければ学習を思うように進めることができないものです。あえてやる気を出させるために、こうした集団指導型の医学部予備校に通わせることもひとつの手段と言えましょう。